回復を早めるために|健康維持のためにも定期的に人間ドックを受けよう
ドクター

健康維持のためにも定期的に人間ドックを受けよう

回復を早めるために

看護師

飲みやすくする工夫

人は何か病気になった時、薬でその症状を和らげることがよくあります。年齢を問わず、子供からお年寄りまで薬を処方される、あるいは薬局などで市販薬を購入し服薬する経験はあると思います。薬は、錠剤、粉、液体などその形態も様々あります。このような内服薬は随分と工夫もされ、味も形も飲みやすいものになっています。しかし、小さな子供やお年寄りなどにとっての服薬はやはり、多くの場合、苦痛を伴います。病気の苦痛や心細さに加わって、服薬の苦痛があっては、心身に大きな負担となり、上手く飲めなければ、病気の回復さえ遅らせることにもつながります。最近は、服薬が上手くできない小さな子供から、大人、お年寄りに至るまで幅広く使用することのできる服薬補助食品と呼ばれるものなども開発されています。

一番良い方法の追求

病気で苦しい時、苦い薬を一日に何度も服薬する苦しみを和らげる目的として、服薬補助食品があります。その一つはゼリーです。このゼリーは苦みを伴う粉薬などをいわば、ゼリー状のオブラートに包むことで飲み込みやすくするだけでなく、ゼリーには薬の苦みを消すため、代わりに甘くておいしいフルーツの味などでカバー、その味も個々の好みで選べるように色々工夫されています。これは主に、小さな子供やお年寄りに広く人気があります。他には、主に大人向けに、カプセルタイプのオブラートがあり、空のカプセルの中に苦い粉薬を閉じ込めて一瞬で飲むことが出来るものなどもあります。病気を治すには欠かせない服薬。それを負担なく行うことは病気回復においても大きく関わるため、自身や家族にとっての飲みやすさを追求することはとても大切です。